歯科医が歯科医にかかる時・・・

歯科医が歯の治療を必要だと思ったとき、歯科医の選択をしますが、
その目安はなんでしょう?

1) 医院がきれい

2) 治療がはやい

3) 衛生士が若くてきれい

それらのことも、もちろん考慮には入れますが、本当に気になるのは
次のようなことです。

歯科医が歯科にかかる時に気にかける点:

1)痛くない局所麻酔

麻酔が効いてからは、麻酔を施したところと麻酔が効く範囲は、知覚が
麻痺して痛みを感じません。けれども、麻酔薬液を注射器で注入する時に
痛みがあります。これらの痛みを軽くする為に、先ず表面麻酔を塗布
又は貼付します。電動注射器を使って、ゆっくりと薬液を注入します。
こうすれば、麻酔をする時の痛みは殆どありません。
また、時間をかけて患者の状態を確認しながら行なうので、万一異常反応
があった場合も、直ちに中止、対処することが出来ます。

2)MI (最少侵襲性)治療

無暗に歯牙を傷つけない治療が望ましいのです。歯を削ったり、抜いたり
すれば、二度と元には戻りません。慎重に、出来るだけ歯と歯の生きた
部分を残す治療が望まれます。然し、残してはいけない虫歯や、他の健康な歯を
駄目にする恐れがある場合は、断固としてその原因を取り除き、中途半端な
治療をしないで欲しいことも事実です。自動車事故の場合だったら、事故を
起こしたことは仕方がないので、とにかく速やかな対処が必要です。と同時に
二度と事故を起こさないように予防することを覚えなければいけません。
同様に、歯科医は患者がそれ以上虫歯や歯周病にならないように指導して欲しい
ものです。

3)IC(インフォームドコンセント)

患者の現在の状態を、患者を非難せずに懇切に説明してもらいたいものです。
その上で、これからどんな治療をするのか、選択肢を示しながらの説明を
受けたいのです。歯科医が患者の場合は、処置とその結果は容易に理解できます。
一般患者の場合は、歯科医に対する遠慮や馬鹿なことを言って怒らせて、後で
意地悪をされるのではないか、等と気を遣うことが多いはずです。歯科医の側が、
患者にとって気楽で、話しやすい雰囲気を作って欲しいものです。

4)完璧さの要求

見た目や感触で良い処置が行なわれている様に思われても、更に歯科的に完璧さ
が求められる部分があります。削られた歯と、合着される金属や充填される
プラスチックが、きちっと合うように整えられていないと(マージンフィッティング)
すき間から虫歯になります。この点で完璧主義であって欲しいと思います。
一般患者にはわかり難いけれど、完璧を期したいもう一つの処置が、根管治療です。
神経を取り除かなければならなくなった歯牙の、神経の除去とその後の処置のこと
です。慎重に、時間をかけて確実に処置しないと、後に根の感染が起きて、痛みや
抜歯につながる場合があります。歯科医にとっては報酬が安く、手間のかかる処置
です。だからこそ、これをしっかりやってくれる歯科医を選びたいものです。

5)保険と自費

歯に対する治療は、大部分保険によることが出来ます。然し、歯を元の様にする為の
補修措置は、保険の範囲外となるものが多いのです。即ち、より完璧なものを求める
と自費になり、費用が多くかかります。然し、長い目で見ればそのほうが良い場合も
少なくありません。
但し、自費の部分は、歯科医の考え方や、材料、技工士の選び方によって、金額と
内容に差異があります。結果的な出来映えに反映することはもちろんです。
この意味でも優秀で患者思いの歯科医であって欲しいものです。

6)PMTC(専門家による機械による歯のクリーニング)

一般的に、歯科医院での歯の掃除は、衛生士の仕事です。歯科医の指導が良ければ、
衛生士も良い仕事をしてくれます。歯の磨き方も正確に教えてもらえます。
歯の寿命は、間違いなく正しい歯の清掃にかかっていると言えます。
自分で注意するのみならず、優秀なPMTCを受けることも絶対に必要です。